生涯学習システム改訂のお知らせ


教育局局長 成瀬 淳
生涯学習部長 佐藤 翔



 初秋の候,ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。


 さて、このたび、平成33年度4月より生涯学習制度が改訂される予定となっております。まだ未確定な部分もありますが、最低限わかっている部分から情報を配信していきたいと考えております。今後の情報に注視していただければと思います。


1.生涯学習システム改訂について
  図のようにこれまでとは生涯学習システムの流れが大幅に変更され、登録理学療法士という制度が追加
  され、新人教育プログラム受講中の理学療法士を研修理学療法士という名称変更されました。


 ・研修理学療法士
   研修理学療法プログラム受講中の理学療法士
 ・登録理学療法士
   登録理学療法プログラム修了した基本的理学療法が適切に実践できる能力を有する理学療法士
 ・認定理学療法士
   認定理学療法プログラムを修了し、高い職業実践力を有する理学療法士



2.新人教育プログラムについて


 ・新制度開始時点で現新プロ未修了者は履修済みのテーマも失効扱いとなる予定です。
 ・研修理学療法プログラムに名称を変更します。
 ・研修時間について
   これまでは1テーマ60分の設定でしたが、1テーマ90分に変更予定となっており、座学だけではなく、
   臨床研修も必要となる予定です。
 ・臨床研修施設要件
   認定理学療法士が在籍しているか、新制度で登録理学療法士が誕生するまでは臨床経験5年以上で
   現新プロ修了し、臨床研修指導者コース受講済みの方が在籍していることが必要です。


3.研修時間について研修理学療法士、登録理学療法士、認定理学療法士と名称が変更され、
  取得までの研修内容も大きく変更となる予定です。




 現在、青森県理学療法士会教育局では、現行の新人教育プログラムで修了できるよう2日間にわたる短期集中研修会を11月下旬か、12月中旬に行う計画をしております。新制度開始時点で、現行の新人教育プログラムの未修了者は履修済みのテーマのポイントも失効扱いとなる予定となっております。また、認定理学療法士を取得するためには、登録理学療法士という新たなステップを踏む必要があり、現行の制度に比べ時間と労力が必要となります。未修了者は短期集中研修会を受けていただき、今年度中に新人教育プログラムを修了して申請を行っていただければ、現行の制度での認定理学療法士資格取得も可能です。


 各施設で短期集中研修会の周知をお願いしたいと考えております。また、新制度についての情報や短期集中研修会の詳細が決まりましたら、県士会ホームページ、ニュース、メール配信させていただきます。

ご質問等あれば下記までご連絡下さい。
弘前脳卒中・リハビリテーションセンター:佐藤 翔
TEL:0172‐28‐8220 FAX:0172‐28‐7780
E-mail:sho.sig12@gmail.com