青森県士会長のご挨拶


青森県士会沿革


青森県士会役員


各委員会


理学療法士について

委員会



令和3年度学術活動奨励賞選考への応募に関するお知らせ

表彰委員会委員長  舘山 智格


 学術活動奨励賞は、士会員、特に若手会員による活発な学術研究活動を推進することを目的に、毎年、優れた学術研究活動を実践していると認められる士会員1~2名(またはグループ、団体)を表彰委員会が選考し、士会学会の場で表彰を行っています。受賞者には表彰状の他、記念の品と楯が贈呈されます。
令和3年度は、個人として 八嶋彩加 会員  (平内町国民健康保険 平内中央病院)が受賞されました。
 受賞者の選考は、過去5年間の学会等(国内外の学会、研究会、症例検討会、院内発表会)での発表や学術論文を選考資料とし、表彰委員会が行います。なお、選考の基になる業績の中に、当士会の学術誌「理学療法研究」に筆頭著者として掲載された論文、または当士会学会での筆頭演者としての発表を含んでいることが必須となっていますので、再度お知らせ致します。
 表彰委員会では、学会誌や学術誌等をもとに選考資料を独自に広く収集するよう努めておりますが、委員の数も限られており、士会員による学術研究活動に関するすべての情報を収集することができません。そこで、委員会では公正な選考を行うために、士会員個人から過去5年間の業績を申告していただき、それらを選考資料に含めることにしています。今年度は平成29~令和3年度分の業績が対象となります。
 ついては、学術活動奨励賞の受賞にチャレンジされる士会員(養成校教員と過去の受賞者を除く)は、過去5年間の学術研究活動のリストを下記の要領で表彰委員会までお送りくださるようお願いいたします。多くの士会員が奮ってチャレンジされることを期待しております。

【応募要領】
 学術活動奨励賞業績申告用紙(別紙)を用いて、学術研究活動の業績を表彰委員会まで申告して下さい。なお、送付方法は郵送またはE-mailとします。青森県士会ホームページのダウンロードに同じ様式のWordを掲載してありますのでご利用ください。(県士会ホームページ→ダウンロード→青森士会関連ファイル→その他)申告された業績は学術活動奨励賞の審査及び理事会への結果報告以外には使用せず,審査終了後には破棄いたします。
 募集期間は令和4年2月21日から令和4年3月20日(必着)までとさせて頂きます。不明な点は下記アドレスへE-mailでお問い合わせ下さい。(TELは至急時のみでお願いします)


応募先(問い合わせ先)

 〒037-0074  青森県五所川原市岩木町12番地3 
        つがる総合病院 リハビリテーション部  舘山 智格
         E-mail: rehapt@tsgren.jp TEL:0173-35-3111(内線2460)