理学療法士協会主催

青森県士会主催

青森県士会支部主催

理学療法関連

その他

青森県士会支部主催の研修会

一般社団法人青森県理学療法士会
会員各位

津軽・西北五支部合同症例検討会のお知らせ

津軽支部学術教育担当 小笠原 直也

謹啓 
 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は青森県理学療法士会津軽・西北五支部活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 このたび平成30年度青森県理学療法士会津軽・西北五支部合同症例検討会を下記の予定にて開催することとなりました。より多くの方にご参加頂きたく、ご周知の程よろしくお願いいたします。

謹白

【開催日時・会場】
 日時:平成30年11月17日(土) 14:00~17:00 (受付開始 13:30~)
 会場:弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 2F大会議室

【タイムスケジュール・演題】
14:10~  演題①~⑤
装具作製に拒否を示したが、歩行神経電気刺激装置ウォークエイドⓇによる歩行練習が奏効した一症例

弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 鎌田優作

左被殻出血により感覚障害、運動麻痺、高次脳機能障害を呈した症例
       ―感覚障害に着目し歩行安定化を目指して―

弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 村田聡美

脳梗塞による歩行時の右足尖の躓きが著明な症例 ―歩行自立に向けて―

弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 小川福人

前頭葉脳挫傷により注意障害・脱抑制著明な症例
       ―注意障害に着目しリハビリでの取り組み―

健生病院 湯澤亮

パーキンソン病と脊柱管狭窄症の増悪により基本動作能力が低下した症例
       ―起居・移乗の介助量軽減―

健生病院 川村祐太朗

15:35~  演題⑥~⑩
⑥保存療法による介入が奏功した脊椎圧迫骨折受傷患者の一例

弘前記念病院 福田圭佑

⑦両大腿骨頭壊死により左THAを施行した症例
       ―術後生じた自覚的脚長差改善に向けて―

健生病院 上田紗希

⑧左人工膝関節全置換術後に自宅退院への不安が強かった症例
       ―自宅生活自立を目指して―

弘前記念病院 工藤諄也

⑨変形性膝関節症に対しTKAを施行した症例
       ―脳梗塞の既往がある患者の自宅復帰を検討して―

つがる総合病院 八幡大樹

⑩リスフラン関節脱臼骨折・足背挫滅創術後の歩行獲得に難渋した症例

弘前大学医学部附属病院 増野夏香

【抄録について】
 津軽・西北五支部の方には各施設への周知依頼に添付致しますので、各自で印刷してお持ち頂きます様
お願い致します。当支部以外の方にはこちらで用意致しますので受付にてお申しつけ下さい。

 ご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問合せ先:近江整形外科 小笠原直也
TEL:0172(32)2121 FAX:0172(32)2125  E-mail:oga19861006@yahoo.co.jp

平成30年9月14日

一般社団法人青森県理学療法士会
青森支部会員 各位 

一般社団法人青森県理学療法士会
青森支部長 柴田 憲幸
( 公 印 省 略 )

平成30年度青森支部症例検討会のお知らせ

謹啓 
 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は青森県理学療法士会青森支部活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび平成30年度青森県理学療法士会青森支部症例検討会を下記の通り開催することとなりました。新入会員の皆様はもちろんのこと、病院・施設間の情報交換や、交流を深める絶好の機会ですので、多数の演題のご応募を期待申し上げます。より多くの方にご参加頂きたく、ご周知の程よろしくお願いいたします。

謹白


<平成30年度青森支部症例検討会>
【日時】:平成30年12月1日(土) 14:00開始~17:00終了予定(13:30より受付開始)
【会場】:芙蓉会村上病院2階 大会議室 (青森市浜田3-3-14)
 ※会場駐車場は収容台数に限りがございますので、できるだけ公共交通機関をご利用されるか、乗り合いでご来場ください。
【参加費】:無料
 ※新人教育プログラムの単位となります。
【演題応募締切日】:11月10日(土) 17時まで

 申込方法:メール件名は必ず「平成30年度青森支部演題応募」でお申し込み下さい。
 メール本文には、演題名と発表者の氏名及び所属を明記してください。
 抄録の体裁については、下記抄録投稿フォームを参照し、申し込みを行ってください。

注意事項:漏れの無いよう確認しておりますが、申込み後、受付確認の返信が3日以内に届かない場合は、下記問い合わせ先まで必ず電話でご連絡ください。
また、演題応募締め切り時点で予定演題数を超過した場合は、学術部にて選考させて頂きます。悪しからずご了承ください。申込みされた方には、受付確認メールにて①抄録修正、②スライド受付、③当日の発表、についての詳細をご案内いたします。

【申し込み先、問い合わせ先】
所属:青森県立中央病院 リハビリテーション科 木村 和矢
TEL 017-726-8188(リハビリテーション科直通)
E-mail : aomori_shibu@yahoo.co.jp

抄録の作成については、こちらをダウンロードして下さい

一般社団法人青森県理学療法士会
会員各位

平成30年度青森県理学療法士会 津軽支部研修会のご案内

津軽支部長  長谷川国俊
学術教育担当 小笠原直也


謹啓 
 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素より青森県理学療法士会津軽支部活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 このたび平成30年度青森県理学療法士会津軽支部研修会を下記の通り開催する運びとなりました。
より多くの方にご参加頂きたく、ご周知の程よろしくお願いいたします。

謹白


日 時:平成30年11月23日(金)10:00~16:00(予定)
会 場:弘前脳卒中・リハビリテーションセンター 会議室
テーマ:「変化を促す運動療法のための動作分析」
    内容に関してはスターティングアゲインのホームページで同テーマをご確認ください。
    https://startingagain2012.wordpress.com/
講 師:山本 泰三 氏 (スターティングアゲイン 代表取締役)
定 員:30名
参加費:2000円
申込方法:下記の①~④の必要事項を記入の上、メールにてお申し込み下さい。
①氏名(フリガナ)・性別・年齢、②所属先、③連絡先のTEL・E-mail、④経験年数(○年目)
申込締切:平成30年11月9日 (金)
*参加申込をされた方には1週間以内に折り返し確認のメールを致します。
 お手数ですが、確認のメールが届かない場合は再度ご連絡をお願い致します。

申込先・お問合せ先:近江整形外科 小笠原直也
         TEL:0172(32)2121 FAX:0172(32)2125
         E-mail:oga19861006@yahoo.co.jp

一般社団法人青森県理学療法士会
会員各位

津軽・西北五支部合同症例検討会のお知らせ

津軽支部学術教育担当 小笠原 直也


謹啓 
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は青森県理学療法士会津軽・西北五支部活動に格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび平成30年度青森県理学療法士会津軽・西北五支部合同症例検討会を開催することとなりました。より多くの方にご参加頂きたく、ご周知の程よろしくお願いいたします。
 つきましては,演題を募集したいと思います。発表内容は症例報告に限らず,日ごろの業務に
関する悩みなどをまとめて頂いてもかまいません。発表を希望される方は,下記①~⑤の必要事項を記入の上,メールにて10月21日までにお申し込みください。
①氏名(フリガナ),②所属先,③所属先のTEL・E-mail,④経験年数(○年目),⑤仮タイトル(現時点のタイトルで結構です)
なお,発表者は新人教育プログラム「C-6症例発表」の単位取得できますので当日は当協会会員
カードの準備をお願いします。

謹白

【開催日時・会場】
 日時:平成30年11月17日(土) 14:00~ (予定)
 会場:弘前脳卒中リハビリテーションセンター
 *詳細が決まりましたら、改めてご連絡致します。
【発表方法等について】
・発表申込をされた方は11月4日までに,1200字程度の抄録を下記申込先までメールにてお送りください。
・発表時間は7分程度,質疑応答は8分程度を予定しています(演題数により質疑応答時間は変更
する場合があります)。
・発表は主催者側準備のパソコンによるプレゼンテーションのみとします。
・演者は,USBメモリに発表用資料を保存し,当日の受付の際に担当者にお渡しください。

*発表申込をされた方には1週間以内に折り返し確認のメールを致します。
 お手数ですが、確認のメールが届かない場合は再度ご連絡をお願い致します。

申込先・お問合せ先:近江整形外科 小笠原直也
          TEL:0172(32)2121 FAX:0172(32)2125
          E-mail:oga19861006@yahoo.co.jp

平成30年8月吉日
青森県理学療法士会西北五支部
支部長 髙橋尚裕
学術担当 中井敬太

平成30年度西北五支部特別研修会について



 このたび人工膝関節置換術(以下TKA)の手術件数(約80‐100件/月)が関東1位、全国2位の苑田会グループ(東京都足立区)のリハビリテーション科科長の美崎定也先生をお招きして、TKAリハビリテーションの基本からから最新の知見まで、実技を交えて講義していただきます。
 美崎先生は駿河台日大病院にて勤務後、苑田会苑田第二病院に技師長として招聘されました。その後、人工関節スポーツセンター、人工関節センター病院の立ち上げに尽力され、現在では、総勢300名(PT220名・OT50名・ST30名)を超える、リハビリテーション科の科長としてご活躍されております。
 また学会発表・論文・著書も多数あり、とくに2年前に発刊された「人工関節のリハビリテーション~術前・周術期・術後のガイドブック~」は人工関節リハビリテーションにおけるバイブルと言える1冊です。
 今回の研修では、TKAの術前・術後、外来フォローにおける標準的リハビリテーションについて実技を交えて解説して頂くとともに、日々の症例で難渋することの多い、術後の痛みや可動域制限、日常生活動作の困難さなどが残存する症例から、その原因考察や解決策を紹介していただきます。特に経験5年目くらいまでのPTの方々には非常に参考となる内容になると思います。
 なかなか青森では聴く機会のない内容となっておりますので、是非この機会に、ご参加よろしくお願いします。

テーマ: いまさら聞けないTKAの基本から最新知見まで~実技を交えて~
講師:美崎定也先生 (苑田会グループリハビリテーション科科長)

日時:平成30年10月20日(土) 13:30~17:30(受付開始13:00~)
会場:つがる市木造農村環境改善センター (青森県つがる市木造千年33)
対象:PT向けの内容ですが、どなたでもご参加いただけます。
   (経験5年目以上の方も是非ご参加ください)
参加費:青森県理学療法士会会員2000円(会員以外の方2500円)
定員:40名
申し込み方法:氏名、所属、連絡先(TEL、メールアドレス)、情報交換会の出欠を記載の上、
下記メールアドレスへご連絡ください。
         アドレス:rehapt@tsgren.jp
       病院メールアドレスのため、件名には「特別研修会申し込み」と
       記載をお願い致します。
       申し込みメールを確認後、1週以内にこちらから返信致します。
       返信がない場合はお手数ですが、ご連絡いただければ幸いです。
申し込み締め切り:平成30年10月13日(土)
懇親会について:講師の先生を囲んで研修会後、懇親会を開催する予定です。ぜひご参加ください。
        五所川原市内で会費4000円程度

【講師略歴】
 平成9年3月  東京都立医療技術短期大学理学療法学科卒業
     4月  駿河台日本大学病院入職
 平成15年4月 医療法人社団苑田会苑田第二病院 技師長として入職(苑田第一病院兼務)
 平成18年4月 苑田会人工関節スポーツセンター開設に関わる
 平成22年3月 苑田会人工関節センター病院開設に関わる
        現在 苑田会グループリハビリテーション科科長

翻訳・著書・論文多数であり、代表的な著書として
「人工関節のリハビリテーション」 三輪書店 2015
「股関節と骨盤のスポーツ障害 プライマリケアとリハビリテーション」三輪書店 2012
「PT症例レポート赤ペン添削 羊土社 2016

【資格】 
理学療法士
日本体育協会公認アスレチックトレーナー
国際認定シュロスセラピスト

問い合わせ先:つがる西北五広域連合 つがる総合病院 リハビリテーション部 中井敬太
       TEL:0173-35-3111
       メールアドレス:rehapt@tsgren.jp