理学療法士協会主催

青森県士会主催

青森県士会支部主催

理学療法関連

その他

その他の研修会

第2回 青森県3士会合同災害リハ支援フォーラム
「災害リハビリテーション支援の実際」


      日 時:平成30年3月3日(土) 14:00~17:00
      場 所:アピオあおもり(青森県男女共同参画センター)
          2F 大研修室1
          〒030-0822青森市中央3丁目17-1
          電話 017-732-1010 FAX 017 -732-1073
      参加費:無料
      主 催:一般社団法人青森県作業療法士会
      共 催:一般社団法人青森県理学療法士会・青森県言語聴覚士会

【プログラム】


1.開会の挨拶
   青森県作業療法士会会長:原 長也(ときわ会病院)
   青森県JRAT(仮称)準備委員会代表:津田英一(弘前大学大学院医学研究科
                    リハビリテーション医学講座)
2.現況報告:「全国と青森県における災害支援の現状」
   報告者:三橋武信(つがる総合病院)
3.特別報告:「災害リハビリテーションの実際」
   講師:大久保訓(公益財団法人いわてリハビリテーションセンター)
   座長:三橋武信
4.申し込み方法:事前申し込みは必要ありません。


●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
早期離床のリスク管理
〜「起こしたから悪くなった」といわれないために〜
日時:2018年1月27日(土)10:00〜16:10
会場:エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区国分町3−3−7)
講師:曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:8,400円(税込)
内容:離床を進めてよい状態なのか判断に迷った、急変が怖くて起こすのをやめた、そんな悩みを実際の症例供覧を通して解決します。
1. 離床のエビデンスを知っていますか?
2. 離床の安全基準を知っていますか?
3. 臨床データを統合するコツを知っていますか?  
4. リスク管理に必須の心電図が読めますか?
5. 離床のテクニックに自信がありますか?
6. 患者の変化から中止を判断できますか?
一つでも不安な項目があれば本講座受講の適応有。
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
脳卒中患者の疑問がスッキリ晴れる!
とっておきの検査・データ「マル秘」判読講座
日時:2018年2月24日(土)14:30〜18:30
   2018年2月25日(日) 9:50〜16:10
会場:エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区国分町3−3−7)
講師:久松 正樹 先生(中村記念病院)
黒田 智也 先生(日本離床研究会学術研究部)
受講費:19,800円 (税込)
内容:本講座では星の数ほどある検査項目や薬剤の中から、臨床でスグ使える項目に厳選し、ベテランに読み解きのコツを学びます。
1.脳画像(CT・MRI・MRA)
・たった5つの画像でわかる脳画像のキホン
・書いて理解する脳の機能解剖と血管走行
・CT・MRI画像から判断する麻痺の位置と程度予測
2.血液データ
・脳卒中患者における血液データのみかた
・凝固系パラメータのチェックの仕方
・医師がやたら血糖値を気にするワケ
3.薬剤
・マンガでイメージする脳卒中治療薬とその効果
・語呂合わせで覚える系統別薬剤名
・使用薬剤からわかる病態把握 ほか
4.症例検討
・セミナーの最後に全てのデータを使って離床可否の判断をレクチャー
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

関係団体 各位

 時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、平素より、当研究会につきましては格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、この度、音楽療法セミナー’17を開催することとなりましたので、ご案内いたします。
 子どもの「発達」には他者との関わり(コミュニケーション)が不可欠です。特にハンディを持つ子どもたちの場合には、独自の「感性」を持っていることが多いため、それぞれの特性を良く理解した上で関わりを持つことが重要になります。本セミナーⅠ部の一般講演では、それぞれの分野でコミュニケーションについて研究実績のある3名の先生に現場の様子を交えながらご講演いただきます。専門職を対象としたⅡ部のシンポジウムでは講師とセミナー参加者が意見交換できる時間を設けました。良好なコミュニケーションを築くため、実践で活用できるアプローチ方法を一緒に考えていけると幸いです。また、休憩時間には障がい者施設の皆様にご協力いただきカフェを開催いたします。
 つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、ご参加くださるようお願いいたします。

音楽療法セミナー‘17
『子どもの笑顔を引き出すコミュニケーション』~発達と感性~

(平成29年度青森市市民活動活性化事業)


2018年2月4日(日) 会場 アピオあおもり大研修室1

Ⅰ部 9:00~12:00 一般講演
Ⅱ部 13:30~15:00 専門職シンポジウム(医療・保健・福祉・教育等の従事者)
参加費 一般・学生 500円(Ⅰ部のみ)/ 専門職 2000円(Ⅰ・Ⅱ部通し)定員 80名

~お問い合わせ~
特定非営利活動法人青森音楽療法研究会
事 務 局 藤林
住 所  〒030-0943
     青森市幸畑1丁目9-5 
Tel    090-6258-7881
Eメール  mt_aomori@yahoo.co.jp

チラシ

運転リハフォーラムin東北

■日程
①2018/2/10(土)
 宮城県仙台市民会館第5会議室。13時開場。14時~18時 定員50名
②2018/2/11(日)
 青森県県民福祉プラザ多目的室4B。12時開場 13時~17時 定員50名
③2018/2/12(祝)
 岩手県ふれあいランド岩手。第1,第2会議室 12時開場 13時~17時 定員50名
■テーマ    
①道路交通法から考える脳卒中後遺症の免許更新と安全運転
②てんかん発作による暴走事故裁判から考える医療の役割
③ドライビングレッスン事業から見える高次脳機能障害者の運転可能性
④安全運転サポート車(サポカー)のご紹介
■参加対象者
医療従事者(Dr,PT,OT,ST等)
自動車教習所指導員
行政機関職員 
*県外の方もご参加いただけます。
■参加費
3,000円(ドライビングセラピスト認定をお持ちの方は2,000円)
*認定証の上部右側に認定番号の記載があります。
■申込
ホームページ からお申し込みください。http://www.hcd-japan.com
*12月1日から定員に達するまで募集を行います。
■お支払方法
事前の銀行振込です。
*申込月の月末までにお振り込みください。例)12月1日申込の場合は12月末日までにお振込下さい。
■当日までの流れ  
①申込フォーム送信後、自動返信メールが着信します。振込先などの記載を確認して下さい。
②振込確認できましたら確認メールを送信いたします。(この時点で参加が確定いたします)
③開催日1週間前を目途に、資料PDFをWEBで公開いたします。当日紙資料の配布はございません。DLしてご持参ください。
④当日はどうぞお気をつけてお越しくださいませ。
■問い合わせ    本件に関するお問い合わせは0428-78-7330またはホームページよりお待ちしております。

チラシ

平成29年度青森県生活行為向上リハビリテーション推進人材育成事業


生活行為向上リハビリテーション推進研修会
~ 活動と参加に焦点を当てた実践へ ~



1 開催趣旨
 地域包括ケアシステムの構築には「活動」や「参加」に焦点を当てた自立支援の視点が必要であり、家庭や社会への「参加」を促し、地域の中に生きがい・社会的役割をもった「生活行為」ができるよう、地域の人的・物的資源の利用やサービス内容を調整し、多職種の連携を活かした包括的な支援を目指す必要があります。そのため、通所リハビリテーションでは「生活行為向上リハビリテーション」が推進されております。医療・介護サービスを提供する全ての職種が生活者の視点を重視し、包括的に支援できる人材育成を目的として本研修会を青森県内6か所で開催いたします。青森県における地域包括ケアシステムの構築に向け、介護・医療に従事する多くの職種の方にご参加いただきたく存じます。
なお、研修会は介護保険「生活行為向上リハビリテーション」の算定要件を満たすための研修会ではございません.



2 対象者
  介護(予防)サービス事業所、介護予防・日常生活支援総合事業所の従事者や興味のある方
  医療機関の従事者



3 参加費
  無料



4 日時・場所・定員
【む  つ】平成29年10月15日(日) 10:30~15:30 定員40人
      会場:下北文化会館 集会室1(むつ市金谷1−10−1)



【弘  前】平成29年10月29日(日) 10:30~15:30 定員50人
      会場:弘前文化センター 視聴覚室(弘前市下白銀町19−4)



【青  森】平成29年11月19日(日)10:30~15:30 定員80人
      会場:県民福祉プラザ 大研修室(青森市中央3丁目20−30)



【五所川原】平成29年11月26日(日)10:30~15:30 定員50人
      会場:五所川原市民学習情報センター 大教室(五所川原市字一ツ谷503-5)



【十 和 田】平成29年12月10日(日)10:30~15:30 定員40人
      会場:十和田市民文化センター 第1研修室(十和田市西三番町2-1)



【八  戸】平成29年12月17日(日)10:30~15:30 定員80人
      会場:八戸総合福祉会館 研修室(八戸市根城8丁目8-155)
 ※6会場ともに同じ内容ですのでご都合のよい日時をお選びください。


5 研修会の内容


地域包括ケアシステムをはじめ、活動と参加を促すリハビリテーション、自立支援、多職種連携、生活行為の向上を意識したケアプランなど、介護・医療の現場に活かすための知識の習得を目指します。なお、複数会場への参加も自由です。



<プログラム>
 9:30~10:30  受付
10:30~11:30  【前説】青森県における生活行為向上マネジメントと作業療法
11:30~12:30  【講義】生活行為向上リハビリテーション①
12:30~13:30  <昼休み>
13:30~15:30  【講義】生活行為向上リハビリテーション②


※内容は一部変更になる場合があります。



講師一覧
 【む  つ】平成29年10月15日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)
       阿部 三知代(作業療法士、八戸在宅クリニック デイケアセンター)



 【弘  前】平成29年10月29日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)
       金谷 圭子(作業療法士、弘前脳卒中・リハビリテーションセンター)



 【青  森】平成29年11月19日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)
       今井 寛人(作業療法士、弘前脳卒中リハビリテーションセンター)



 【五所川原】平成29年11月26日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)

       今井 寛人(作業療法士、弘前脳卒中リハビリテーションセンター)



 【十 和 田】平成29年12月10日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)
       金谷 圭子(作業療法士、弘前脳卒中リハビリテーションセンター)



 【八  戸】平成29年12月17日(日)
       原 長也(青森県作業療法士会会長 ときわ会病院)
       阿部 三知代(作業療法士、八戸在宅クリニック デイケアセンター)



6 主催  一般社団法人青森県作業療法士会・一般社団法人青森県理学療法士会・青森県言語聴覚士会





7 参加申込み
  1)申し込み方法
   ①E-mailでの申し込み
    送信先 iwairiha@bz03.plala.or.jp
    件 名 生活行為向上リハビリテーション推進研修会
    本 文 参加希望会場:むつ・弘前・青森・五所川原・十和田・八戸(希望会場を選択)
        氏名・職種:
        所属施設名:
        公文書:必要・不要(必要な場合は送付先もご記入ください)



   ②Faxでの申し込み
    本要領の参加申込書に必要事項をご記入の上、送信してください。
    Fax:0178-47-7767



  2)申込み締切
   【む  つ】平成29年10月 6日(金)13:00まで
   【弘  前】平成29年10月20日(金)13:00まで
   【青  森】平成29年11月10日(金)13:00まで
   【五所川原】平成29年11月17日(金)13:00まで
   【十 和 田】平成29年12月 1日(金)13:00まで
   【八  戸】平成29年12月 8日(金)13:00まで
   出張に関する公文書が必要な場合は、締切日の7日前までにお申し込みください。



 ※なお、定員となり参加いただけない場合のみ、こちらから連絡させていただきます。



8 その他
  各会場の駐車スペースには限りがありますので、できる限り公共交通機関をご利用ください。
  参加申込時にいただいた情報は、本研修会の運営にのみ使用いたします。



9 お問い合わせ先
  一般社団法人青森県作業療法士会
  阿部 三知代(八戸在宅クリニック デイケアセンター)
  Tel:0178-47-7757(代表) Fax:0178-47-7767
  E-mail:iwairiha@bz03.plala.or.jp